ゼアキサンチンの特徴

ゼアキサンチンは、とうもろこしなどの植物性食品を始め、卵黄や動物性脂肪などに含まれているカロテノイド系の色素で、黄色〜橙色の色素成分です。

 

ルテインと似ているところがあり、黄斑(おうはん)に存在しています。

 

黄斑とは、目の網膜の視細胞が集中している部分をいいます。ゼアキサンチンは、紫外線を吸収することで活性酸素から受けるダメージを抑制することで、黄斑の正常化を保ち、黄斑が変性してしまうことから守ったり、白内障予防にも効果的であるといわれています。

 

ゼアキサンチンは、ほうれん草やレバー、とうもろこしやブロッコリー、卵黄などに含まれている成分ですが、脂溶性なので、油で調理したり、オイルをかけたりオイルが使われたドレッシングなどをかけて摂取すると効果的です。ゼアキサンチンは、私たちの体内で自動的に作られる成分ではありません

 

ですから、日常の食生活の中に、カロテノイドを多く含んだ食品から、必要な量を摂取するように意識することが重要です。クコ、ケール、ほうれん草、ブロッコリー、卵黄、パパイヤなどに多く含まれています。

 

ゼアキサンチンに期待できる効果

ゼアキサンチンは、活性酸素を除去する効果があります。
目の網膜が酸化しないよう、紫外線などの外部刺激から目の網膜を保護してくれるので、白内障、緑内障などの眼病予防や、視力低下などの予防に役立ちます。

 

ゼアキサンチンは、普段口にする緑黄色野菜や、卵の黄身に含まれている成分です。

 

脂溶性なので、野菜炒めや卵焼きにするなど、手軽な調理で摂取することが出来ほか、生で食べる場合は、オイルをかけたり、ドレッシングをかけるだけという簡単な作業で摂取することが出来るので、目の健康に重要な役割を持っている成分でありながら、毎日手軽に摂取することが出来る成分であるともいえるのではないでしょうか。

 

 

ゼアキサンチンは
ブルーベリーサプリで手軽に摂取!