ロイヤルゼリーの特徴

働き蜂が花粉やハチミツを食べたとき、自分の体の中で作り出され分泌する乳白色の液体が、ロイヤルゼリーです。

 

このロイヤルゼリーは、女王蜂が食べる特別なもので、「峰乳」などとも呼ばれており、私たち人間で例えるならば母乳のような役割があります。

 

実際、ロイヤルゼリーを口にすると、特徴的な酸味を持っているものの、ほんのり母乳のような味がします。

 

ロイヤルゼリーは、ハチミツとは違い、希少価値のある栄養豊富な食べ物で、三大栄養素(たんぱく質、糖分、脂質)と、ビタミン、ミネラルが揃っており、実に40種類を超える栄養素が含まれています。

 

特徴的な成分として、自律神経失調症やボケ予防に役立つことで有名な「アセチルコリン」や、組織成長を促進し、老化防止に効果のある「類パロチン」、栄養素の吸収を促す「ビオプテリン」。そして唯一、生命中枢の活動促進を促す作用のある「10−ヒドロキシデセン酸」が含まれています。

 

この「10−ヒドロキシデセン酸」にいたっては、ロイヤルゼリーにしか含まれていない大変貴重な成分です。

 

ロイヤルゼリーに期待できる効果

 

ロイヤルゼリーを食べると、女性ホルモンエストロゲンの働きがあるといわれており、女性ホルモンのバランスを整える効果が期待できます。

 

自律神経やホルモンバランスを整えてくれる作用があるので、抗ストレスや情緒不安定を改善します。

 

また、食欲増進効果もあり便秘改善や、冷え性・肩こり・腰痛の改善にも効果的でありながら、免疫力を増強させ、健康を増進するので、疲れにくい身体作りに役立ちます。
美肌効果もあり、シミ・しわに効果的です。

 

ロイヤルゼリーを上手に摂りいれることで、お肌にツヤが出てくるので、毎日のメイクの乗りも良くなります。

 

 

元気の源!にんにくサプリの選び方!はこちら