ルテインの特徴

ルテインは、カロテノイドの一種で、緑黄色野菜(ブロッコリー、ほうれん草など)に多く含まれている成分です。

 

カロテノイドは、人口のものではなく、自然界に存在している、黄色、橙色、赤色などの色素成分で、抗酸化作用があり、これを摂取することのできる食品は約50種類といわれており、特に「緑黄色野菜」に多く含まれています。

 

抗酸化作用といえば、ビタミンCやビタミンEが有名ですが、このカロテノイドは、その上を行く強い抗酸化作用を持っており、このカロテノイドの中でも「ルテイン」は、黄色の色素を持った成分であり、私たちの身体に大変有害な青色光を吸収してくれる性質があります。

 

ルテインは、目の網膜、水晶体、黄斑部、乳房、子宮頚部に多く存在しており、ものを見るという動作において大切な働きがありますが、ルテインは体内で合成されることがないので、40歳を迎える辺りから、少しずつ減少してしまいます。

 

そうなると、目や乳房が弱くなっていき、いろいろな疾患を引き起こす可能性もあります。

 

ルテインに期待できる効果

ルテインは、「青色光」から、私たちの目を守ってくれる働きがあります。

 

この青色光とは、私たちの日常生活には必ずといってもいいほど存在している、テレビ、蛍光灯、パソコンなどから出ている有害な光のことで、これは光の中でも一番エネルギーが高いので、細胞への影響も大きく、特に何も守るものがない「目」は、そのダメージをもろに受けてしまいます。

 

そのダメージから目を守ってくれる強い味方がルテインなのです。また、青色光を吸収する性質があるので、私たちの目の健康をサポートしてくれる大切な成分なのです。

 

 

ルテインを多く含む
ブルーベリーサプリの選び方はこちら!