善玉菌

MENU

善玉菌って何?

善玉菌を増やそうとか、善玉菌は身体に良いとかよく聞くけど、細菌なのに身体に良いの・・・?
このような疑問を持つ方も少なからずいるようです。
確かに“細菌”というと、バイ菌とか病原菌といったように何だか身体に良くないイメージがありますよね・・・^^;
でも、“細菌”も色々です。悪さをするものばかりではなく、身体にとってなくてはならない良い働きをしてくれる細菌もたくさん存在するんですよ。私達のお腹の中にも、“良い働き”をしてくれる細菌が存在するんです。

 

腸内には数多くの腸内細菌が棲んでいます。腸内細菌の中でも、腸内を整えて有害物を排除したり、免疫機能を向上させるなど身体にとって良い働きをしてくれる菌を「善玉菌」といいます。

 

腸は大きく小腸・大腸に分けられ、それぞれ生息する細菌が違います。
主に小腸に生息する「善玉菌」を“乳酸桿菌(ラクトバチルス菌)”といいます。
“乳酸桿菌(ラクトバチルス菌)”は乳糖やブドウ糖によって増殖し、ビタミンの合成や吸収を助けてくれます。胃液や胆汁によって死滅することもなく、きちんと生きたまま腸まで届いてくれます。

 

一方、大腸に生息する「善玉菌」の代表が“ビフィズス菌”です。
こちらも乳糖やブドウ糖を利用して増殖しますが、“ビフィズス菌”は酸素に弱いため、酸素がある環境では安定した生育は不可能です(大腸にはほとんど酸素はありません)。
乳酸と酢酸を生成して腸内を酸性に保ち、悪玉菌が増殖を防いでくれます。

 

外から摂り入れた食べ物は最終的には大腸へ届き、小腸で吸収しきれなかった栄養素も最終的には大腸で吸収され、不要なものは便となって体外へ排出(排便)されます。排便がキチンと行われないと腸の中にはいつまでも老廃物が溜まり続けていることになり、やがては腸の腐敗を招き悪玉菌の増殖の元となります。肌荒れの原因ともなりますので女性の方は特に注意してください。
「善玉菌」の働きは排便機能も正しくコントロールしてくれますよ。

 

腸内の環境が健康全般を左右します。「善玉菌」を増やして腸内を健やかに保ちましょう。
健康でいるためには身体の内面の環境が整っていることが何よりも大事だということを覚えておいてくださいね。