ヨーグルト 健康効果

ヨーグルトのスゴイ効能

昔からおやつや食後のデザートとしての位置づけであったヨーグルト、その高い整腸作用は科学的にも認められ、いまや立派な健康食品です。最近では、パッケージに“トクホ”と表示されたヨーグルトも多く見かけるようなりました。“トクホ”とは「特定保健用食品」の略語で、健康が気になる方や、健康改善を目指している方などを対象とした厚生労働省のお墨付き(認定)の食品です。

 

ヨーグルトの整腸作用はビフィズス菌などの「乳酸菌」によるものです。

 

乳酸菌の働き
腸内に「乳酸菌」が増えることで悪玉菌を抑えます。また、便秘の解消にもヨーグルトはもってこい!軟便の原因になる悪玉菌の増殖を抑える一方で、「乳酸菌」は排便機能も高めます。腸内で便の量をふやしたり、腸を刺激してぜん動運動を促進してスムーズなお通じを助けます。

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の働き

ヨーグルトに含まれる「乳酸菌」は腸内で善玉菌として増殖、腸内を良好な環境に整えます。また、腸の蠕動運動を刺激して排便機能を高め、スムーズなお通じも促進しますので便秘予防にも効果的です。しかし、このような整腸作用だけに留まらす、実際にはもっとたくさんの効能があるんですよ!

 

ヨーグルトは長寿食でもあるのです。

 

“ブルガリアヨーグルト”なんて商品ブランドもありますが、ヨーグルトはもともと長寿国としても有名なブルガリア(正式にはブルガリア共和国)の代表食であり、世界的に長寿食として広まっていきました。さすがは長寿食と言われるだけあって、健康を維持するための効能が次々と明らかになっています。新陳代謝も促進するため、肌の改善効果など美容面においても優れた効果を発揮するという女性にとっては嬉しい効能も持っています。また最近では、「乳酸菌」の免疫向上効果がアレルギー症状の緩和に有効だということも判ってきました。

 

スゴイですよね、ヨーグルトって!!

 

ヨーグルトの効能を、アナタも毎日の生活に取り入れて下さいね!と言いたい所ですが注意してもらいたいポイントがあるのです。

 

ヨーグルトから乳酸菌を摂る時の注意点

すごい効果のあるヨーグルトなんですが、しかし残念ながら、摂取した「乳酸菌」は腸に定着するのが難しい細菌だと言われてる点が問題です。ですから、ずっと腸の中に留まり続ける訳ではないので、毎日習慣的に摂取し続けることが大切です。

 

そこで問題となるのが、「糖分」です。

 

市販のヨーグルには、加糖タイプとプレーンタイプのヨーグルトがあります。

 

加糖のヨーグルトを食べ過ぎると、糖分の摂りすぎになってしまい、本来健康の為に食べているものが逆に健康を害しているということにもなりません。できれば、プレーンのヨーグルトがおすすめですが、糖分の入っていないプレーンヨーグルトは砂糖の量の調整が面倒だったり、味が物足りないので毎日食べるのも飽きるし、経済的にも負担に感じて、続かないということも少なくありません。

 

そういうことも踏まえ、毎日続けないと効果のない乳酸菌を効率的に摂るなら「サプリメント」が最適ですね。

 

ヨーグルトがあまり好きでない、面倒なので毎日は続けられないという方には特におすすめです!