乳酸菌

MENU

話題の乳酸菌とは?

「乳酸菌」っていう言葉、最近よく耳にしませんか?
「乳酸菌」の効能を謳ったテレビコマーシャルや健康番組での特集など、何かと話題となっています。

 

「乳酸菌」とは糖を分解することで乳酸を作り出す腸内細菌で、実に多くの種類があります。
チーズ、バター、ヨーグルトといった乳製品を始め、醤油や味噌、納豆、漬物などの発酵食品に多く含まれており、腸の環境を整えて免疫力を上げるなど、健康の維持のためには欠かすことができないと言われています。

 

「乳酸菌」の科学的な研究が始まったのは、今から何と100年以上も前のことです。
1899年に初めて「乳酸菌」の一種“ビフィズス菌”が発見されのを機に研究は始まり、20世紀の初頭には「乳酸菌」と健康との関連性は既に認識されていたようです。

 

ロシアの微生物学者メチニコフ博士は、「老化」に関する研究を行っている中で、、長寿国として有名なブルガリア地方の住民が日常的に摂取するヨーグルトに注目しました。研究を重ねていった結果、彼は、人の老化は腸内の毒素(腐敗物質)によって促進され、腸内を良好な環境に保つことが健康維持に繋がるとし、ヨーグルトに含まれる「乳酸菌」が腸内環境のバランスを改善する効能があることを発表したのです。
彼のこの説は、ヨーロッパ中にヨーグルトを普及させるキッカケともなりました。

 

現在では、彼の唱えた説はもはや常識となっています。
整腸作用のみならず、免疫機能の向上作用、有害物質の除去作用、代謝機能の促進作用、アレルギーの緩和作用などなど、計り知れないほど多くの効能を持ち合わせています。

 

食べる万能薬とも呼べる「乳酸菌」、是非、毎日の習慣にしてみてはいかがですか?

 

生きてこそ働く乳酸菌

私たちの身体の健康において重要な働きを担う「乳酸菌」・・・。
「乳酸菌」とは“乳酸菌”という1つの独立した菌というわけではなく、乳酸を作り出す全ての微生物を総称した言葉です。

 

乳酸菌は保存性に優れるため、ヨーグルトやチーズ、味噌、醤油、漬物などといった発酵食品を製造する上では必要不可欠なものです。私たちの食生活でも御馴染みですよね。

 

「乳酸菌」は善玉菌の一種であり、腸内環境を良好に整えて有害物質の増殖を防いだり、免疫機能を向上させて抵抗力を高めて病気の発症を予防する他、蠕動運動を刺激し排便機能を高め、老廃物の排出を促進するなど美容面でも大きな効果を発揮してくれます。

 

しかし、このような働きが出来るのも生きていればこそ!
乳酸菌をいくら摂取したところで、ちゃんと腸まで届いてくれなければほとんど意味はないのです。
実は、乳酸菌を生きたまま腸まで届けるってけっこう難しいんですよ・・・。
乳酸菌は酸や熱に弱いため、せっかく摂取してもそのほとんどは腸に達するまでに死滅してしまうことも多いのです。
「乳酸菌」効果を得るためには、生きたまま腸に届きやすい“植物性乳酸菌”を摂取をお薦めします。