乳酸菌は1つじゃない

最近、「免疫力」の向上に多大な好影響を与えるとして、「乳酸菌」が大きな注目を浴びています。

 

一言で「乳酸菌」と言ってもその種類は実に様々。また、その効能や働きも、「乳酸菌」の種類によって微妙に異なるということが長年の研究によって明らかになってきました。

 

多くの乳酸菌の中でも、一般的によく知られているのは以下の3種類です。

 

「ビフィズス菌」

腸内の善玉菌を増加さて腸内の環境をベストな状態に保ちます。悪玉菌が生息しにくい酸性の環境を作り、病気の発症を予防  に繋げてくれます。

 

「ラブレ菌」

“すぐき漬け”という京都の伝統的な漬物の中からから発見された菌です。
体内でウイルスやガン細胞などに対する抵抗物質“インターフェロン”を作りだすとされる善玉菌として有名です。

 

「ラクトバチルスガッセリ菌」

“LG菌”とも呼ばれ、胃腸に生息して胃ガンや胃潰瘍などを引き起こすとされるピロリ菌の殺傷に有効とされる菌です。

 

恐らく、皆さん一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか? また、これらを配合したヨーグルト製品も多数販売されています。

 

是非、積極的に摂取していただきたい「乳酸菌」ですが、実は、生きて腸に届くことが非常に難しい菌でもあるのです。
酸に対してとても弱いため、胃の中に入った段階で(胃酸によって)死滅してしまうことがほとんどだとも言われています。
また、運よく生き残って無事に腸内に辿り着くことができたとしても、腸内にそのまま安定して棲み続けることは難しいともされていますので、「乳酸菌」の効果を安定して維持していくためには、毎日欠かさずに補うことが必須条件となることを忘れないでくださいね。

 

ビフィズス菌

乳酸菌の中でも最も有名なビフィズス菌も、乳酸菌の一種です。
乳酸菌と同じように整腸作用を持って腸内環境や免疫バランスを整えてくれます。

 

また、ビフィズス菌は生まれたばかりの赤ちゃんの腸内に最初に生息する腸内細菌でもあるんですよ。
ただ、それは母乳で育てられている赤ちゃんの場合であり、粉ミルクなどの人口ミルクで育った赤ちゃんにはビフィズス菌の数は少ないそうです。
ビフィズス菌はアレルギーと密接に関連しているとされ、腸内のビフィズス菌の数が少ないとアレルギー疾患にかかる確率が高いと言われています。

 

また、アレルギーの改善にも有効であるとされ、最近ではアレルギー症状の緩和のためにヨーグルトや乳酸菌サプリメントが大いに注目されるようになりました。

 

ここで、効果的なヨーグルトの食べ方をご紹介しましょう。
ヨーグルトには是非「オリゴ糖」を加えてみてください。
なぜかというと、オリゴ糖は乳酸菌の大好物なんです♪ 
一緒に食べることで元気100倍、効果も倍増です! お腹の中で大活躍してくれますよ^^♪
お料理やコーヒー、紅茶などにも是非オリゴ糖を加えてみてくださいね。