乳酸菌でお腹の中からキレイになろう

皆さん、「宿便」をご存知ですか? 
「宿便」は“滞留便”とも呼ばれ、長期に渡って腸の中に留まり続けている便のことです。
簡単に言ったら腸内にこびり付いているヘドロといったところでしょうか。

 

このような腸内では、悪玉菌がウジャウジャ増殖してしまいます。やがては腸の腐敗に繋がってあらゆる病気を引き起こしてしまいかねません。
身体にとって「必要なものはシッカリ摂取、不要なものはシッカリ出す」ことはとても大事なのことです。
不要なものをシッカリ出すには、排泄機能がきちんと働いていなければなりません。排泄を司るのは腸ですので、腸の環境を良好に整えて、働きを活性化してあげることが大切です。

 

腸の働きは「乳酸菌」が鍵を握ります。整腸作用に優れた「乳酸菌」は、腸の環境の改善にはなくてはならない存在です。
「乳酸菌」は、乳製品や、しょうゆ、味噌、納豆などといった発酵製品に多く含まれていますので、このような食品を積極的に摂るようにしましょう。
ただし、「乳酸菌」は体内に留まりにくく、せっかく摂取してもそのほとんどは腸に届く前に死滅してしまうとも言われています。
ですから、摂取する「乳酸菌」は生きたまま腸に届くタイプが望ましいです。
特にお薦めなのはヨーグルトです。ヨーグルトは消化吸収や栄養バランスにも優れ、生きたまま腸に届くと言われるビフィズス菌が豊富に含まれている食品です。
現在では、腸環境を整える効能を謳った“機能性ヨーグルト”も多く製品化されていますので、是非召し上がってみてください。

 

そして、ヨーグルトは「おやつ」としてもとてもお薦めです。
またヨーグルトは栄養効果はとても高いですが、カロリーはとっても低い食品です。
加糖タイプのヨーグルトであっても100gあたり80キロカロリー以下。ケーキやスナック菓子などは比べ物にならないほど低カロリーですので、ダイエットの強い味方でもありますよ♪
フルーツタイプのヨーグルトもありますし、ハチミツやジャムなどお好みの甘味を加えてみるの良いですね。
「乳酸菌」の効能でお腹の中からキレイになりましょ♪