乳酸菌でピロリ菌を退治しよう

身体の健康を守ってくれるもの、健康被害を引き起こすもの・・・、私たちを取り巻く環境には数多く細菌が存在します。
身体の中に棲む細菌というと、腸内細菌である「乳酸菌」を思い浮かべる人も多いでしょう。
では、胃の中に棲む細菌、「ピロリ菌」はご存知でしょうか・・・?

 

ピロリ菌は1980年代に発見されました。
通常、細菌は酸性の環境では生息しにくいものなのですが、「ピロリ菌」はそのような環境を大いに好み、胃酸で溢れる胃の中に生息しています。しかも、胃を守るのではではなく、逆に傷つけてしまうという非常に厄介な細菌であり、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃ガンなど、胃腸の病気のを引き起こす原因と言われています。

 

最近の研究調査によると、何と日本人の約半数はピロリ菌に感染しているとのこと!
しかしご安心ください。「ピロリ菌」は「乳酸菌」を摂取することで体内から除去することが可能だとされています。
腸内環境を整える作用で名高い乳酸菌は善玉菌の1つであり、私たちの身体を健全に保つ上で必要不可欠な細菌です。

 

「乳酸菌」は消化の過程で胃酸や胆汁によって溶かされてしまうことが多く、体内に留まりにくい菌だとされますので、胃酸に強いとされる植物性乳酸菌の摂取をお薦めします。
乳酸菌の摂取量は、一日200gが最適だとされています。
味噌や醤油や漬物(特にぬか漬物がお薦めです)といった発酵食品には植物性乳酸菌がタップリ含まれていますので、毎日の食事の中に多く取り入れて上手に補うようにしてくださいね。

 

ヨーグルトで話題の「LG21」は優れた殺菌作用の持ち、特にピロリ菌には効果的だと言われています。
「LG21」入りのヨーグルトも沢山販売されていますのでとってもお薦めなのですが、ネックはお値段・・・。通常のヨーグルトよりも少々値が張るんですよね・・・^^;
ただ、その分の効果はありますので、たま〜にでもお試ししてみてくださいね♪