乳酸菌の優れた効果

「プロバイオティクス」という言葉をご存知ですか?
何だか耳慣れない言葉ですが、これは私たちの健康に大いに関わっているものなのです。

 

「プロバイオティクス」とは、身体に良い影響を与える微生物および、その微生物が含まれた食品などのことを言います。
整腸作用で知られる乳酸菌は「プロバイオティクス」の代表的なものです。
「乳酸菌」は大変優れた腸内細菌であり、善玉菌を増やして腸内バランスを整え、体内の免疫機能を活性化して病原菌を始めとした有害物質の抑制するなど、病気を未然に防ぐ効果がバッチリです。
さらに、アレルギーや美容の改善などにも有効とされ、その効能は多岐に渡ります。

 

体内へ入ってきたものが身体にとっての有益であるか有害であるかの判断は全て腸内で決定されます。
身体に必要なものはシッカリ吸収し、不要なものは体外へとシッカリ出す。このような働きは全て腸に委ねられているのです。
腸内の環境の良し悪しで健康は決まるとも言えるでしょう。

 

そして、その腸内環境のバランス調整を担っているのが乳酸菌です。
乳酸菌を毎日の食事に上手に取り入れれば、食事そのものが予防薬ともなりますよね。
乳酸菌食品を毎日欠かさずに摂取して、病気知らずの健康な身体で毎日を過ごしましょう。

 

乳酸菌はここがスゴイ

お通じを良くしたり、お腹の調子を整えたり・・・、「乳酸菌」が腸内の環境に良いということはよく知られていますよね。
でも、その具体的な働きや作用まではご存知ないという方も案外多いのではないでしょうか?
そこで、「乳酸菌」がどれだけスゴイのか、ちょっとご紹介しちゃいます♪

 

 

「乳酸菌」は“善玉菌”の1つでもあり、腸内細菌のバランスを改善させるには不可欠なとっても重要な働きを担う細菌です。
腸内細菌のバランスがきちんと整うと、新陳代謝も活発になりますので、美容の面でも優れた効果が! お肌の生まれ変わりが促
進されるので、お肌のお悩みも改善の期待が大です。ニキビや吹き出物も防ぐことができますよ♪

 

腸内細菌は“善玉菌”だけでなく、“悪玉菌”という非常に厄介な細菌も存在します。
腸内で“悪玉菌”が増殖すると、ウイルスやら病原菌やらといった有害物質を充満させてしまいます。腸内に“悪玉菌”を棲みつ
かせてしまうということは、病気の大元を抱え込んでいるのと同じことなのです。
“悪玉菌”を一掃するには、条件はただ1つ。腸内が酸性にする必要があります。なぜなら、“悪玉菌”は酸性の環境が大の苦手。
ウイルスや病原菌も酸性の環境の中では生き続けていくことは難しいため、腸内を酸性に保つことができれば、“悪玉菌”の撲滅
や病気の予防にも繋げることができます。

 

そして、腸内を酸性化してくれるという有難い働きをしてくれるのも「乳酸菌」なのです。
「乳酸菌」が作り出す「乳酸」や「酢酸」といった物質が、腸の中に酸性環境を作ってくれるのです。
“善玉菌”は、作り出す物質もやっぱり素晴らしいんですね〜^^♪

 

また、腸内の酸性化は大腸の蠕動(ぜんどう)運動を刺激し、排泄機能をも高めてくれます。
蠕動運動の低下は「便秘」の最大の原因です。「便秘」になってしまうと、本来排泄されるべき便がいつまでも大腸に留まり続け
て悪玉菌が増殖・蔓延し、腸内を腐敗させてしまいます。
腸の腐敗は肌荒れや吹き出物の要因ともなりますので、女性の方は特に注意してくださいね。

 

 

いかがですか? 「乳酸菌」ってスゴイでしょう?
健康のために、お肌のために、お腹の中をいつでも「乳酸菌」で満タンにしておきたいですね♪
「乳酸菌」は加齢と共に減少していってしまう菌でもありますので、食事を通して毎日欠かさずに摂取するようにしてください。
生きたまま腸に届くビフィズス菌などが含まれたヨーグルトはとてもお薦めな食品です。