乳酸菌で病気を予防

風邪やインフルエンザにかかりやすい方、体調を崩しやすい方、それって身体の免疫力の低下していることが原因かも知れませんよ?
免疫力が低下してしまうとウイルスを始めとした病原菌に対する抵抗力がなくなり、病気の巣を抱えているかのごとく、様々な病気にかかりやすくなってしまいます。

 

そこでお薦めしたいのが「乳酸菌」です。
「乳酸菌」というと、腸の働きを整えるという菌として有名であり“善玉菌”の1つです。
なぜ、免疫力に腸内細菌の「乳酸菌」が良いのかというと、それは腸と免疫との切っても切れない関係性にあります。
実は、免疫機能をコントロールしているのが腸なのです。そして、免疫細胞のなんと8割近くが腸に存在しているのです!
ですから、腸の環境が適切に整っているということは、免疫機能が正常にコントロールされているということでもあるのです。

 

腸内細菌は、“善玉菌”のほかに“悪玉菌”が存在します。その名の通り、身体には悪い影響しか及ぼさない非常に厄介極まりない細菌です。
腸内に悪玉菌が増えすぎた場合、免疫コントロールは狂わされ、ウイルスや病原菌が繁殖しやすい環境へと様変わりしてしまいます。それはそのまま病気になりやすくなったり、治りにくくなったりといった健康を害する要因ともなります。
基本的に、ウイルスなどの病原菌ははいったん体内に侵入してしまったら、増殖することはあってもその動きを止めることはできませんので、悪玉菌や病原菌から身体を守るには、とにかく免疫機能を向上させることです。

 

そのためにも、腸の中では常に善玉菌に優勢に働いてもらうことが重要です。「乳酸菌」は腸内に“善玉菌”をどんどん増殖させていきますので、「乳酸菌」を積極的に摂取してたくさんの善玉菌に活躍してもらいましょう。

 

「乳酸菌」さえ摂っていれば、病気にはならない、感染症にはならないなどということでは決してありませんが、免疫力高い身体はそれだけ病気に対する防御力・抵抗力が強くなりますので、病気の発症自体を予防することができるのです。
また、「乳酸菌」にはウイルスやガン細胞を攻撃してくれるとして知られる「NK(ナチュラルキラー)細胞」を活性化させる働きもありますので、病気の抑制だけでなく、もし病気にかかってしまったとしても免疫力のパワーで回復を促進してくれますよ。

 

以上のように、私たちの健康は腸に左右されるといっても過言ではありません。
健康は、まず腸の環境から! 「乳酸菌」の摂取で“善玉菌”を味方につけ、免疫パワーが充満した丈夫な身体を作りましょう♪