乳酸菌が花粉症にも効果的

いまや“国民病”とも言われる花粉症・・・。花粉の飛来が活発になる春先になると、憂鬱になるという方も多いのではないでしょうか・・・?

 

花粉症はアレルギー疾患の一種であり、くしゃみや鼻水、目や鼻の痒みなどが主な症状です。
外出時にはメガネやマスクは欠かせないし、布団や洗濯物を外に干せなかったり、窓も開けらなかったりと、花粉の季節は本当に大変ですよね。

 

残念ながら、花粉症に対する特効薬というのは今のところありません。
しかし、最近の研究ではアレルギーに対して「乳酸菌」が有効であることが判り、当然ながら花粉症にも効果があるのではと注目を浴びるようになりました。

 

「乳酸菌」は、もともと私達の腸の中に生息する腸内細菌です。
整腸作用が特に知られていますが、免疫機能のバランスを整えてくれる効能もあるので、アレルギー物質に過敏に反応してしまう状態を緩和してくれる効果があるのです。

 

「乳酸菌」は“善玉菌”でもありますので、減少してしまうとそれに取って代わったように“悪玉菌”が増殖してしまいます。
“悪玉菌”は腸内に毒素を蔓延させたり、腐敗させて病原菌の巣を作るなど、身体にとって悪い働きしかしません。また、悪玉菌は免疫力を低下させますので、アレルギーは勿論、様々な病気の発症を引き起こす元でもありますので、常に腸内環境を万全に整えておきたいですね。

 

 

「乳酸菌」がアレルギーに有効だとは言っても、即効性があるわけではないので症状のある時だけ摂取してもすぐに効果が出るわけではありません。
アレルギーの場合は、アレルギーに反応してしまう体質そのものの改善が必要となりますので、毎日の継続して摂取することが大切なのです。
ぜひ、「乳酸菌」の摂取を習慣化するようにしてください。手軽で簡単に摂取できるサプリメントはとても便利でお薦めですよ。