ビフィズス菌で腸内バランスを整えよう

私達の身体の中には多くの臓器がありますが、多くの栄養を体内へ吸収し、余分なものを体外へ排出する重要な役割を担っているのが「腸」です。
腸の中には『善玉菌(ビフィズス菌・ラブレ菌・フェカリス菌など)』・『悪玉菌(大腸菌・大腸菌など)』・『日和見菌』といった3種類の腸内細菌が棲んでおり、その数は何と100兆だとか!

 

3種類の腸内細菌はそれぞれ働きが異なります。
『善玉菌』とは腸内環境を整え、身体の免疫力を高めてくれる素晴らしい細菌ですが、『悪玉菌』とは言わずと知れた病原菌であり、腸内環境を悪化させて様々な病気を引き起こす元となる細菌です。
そして『日和見菌』とは、善玉菌と悪玉菌のどちらか優位な方に加担するというズルイ細菌です(笑)
是非とも『善玉菌』の味方につけたいものですね^^

 

腸内の環境を良くするには、勿論、『善玉菌』が優勢に働いていることが絶対条件です。
『悪玉菌』が増殖してしまうと腸内環境が崩れ、体内には不要な老廃物が溜まり続けて腸内の腐敗を促進してしまいます。
そうなると、肌荒れや吹き出物などの原因ともなりますし、免疫力も下がるためウイルスに感染しやすくなったり、身体の老化も早めてしまいます。

 

そこでお薦めなのが「ビフィズス菌」です。
「ビフィズス菌」は腸内を酸性に保って『悪玉菌』の生息を抑制し、腸の動きを活発にして体内への栄養素の消化・吸収や、不要物の排出を促進させるなど、『善玉菌』の中でも腸をを整える働きが最も優秀な菌です。
しかし、加齢と共に徐々に減少していく菌でもありますので、日頃からを積極的に摂取することが健康を維持していく上で大事なことだと言えるでしょう。
ヨーグルトやチーズ、牛乳などの乳製品には「ビフィズス菌」が多く含まれていますので、毎日意識して摂るようにしてください。
乳製品が苦手な方は、サプリメントなども上手に活用すると良いでしょう。
また、オリゴ糖も「ビフィズス菌」の大好物♪ お砂糖の代わりに是非、オリゴ糖を加えてみてくださいね。