便のニオイも重要なサイン

私たちの身体から排泄される便は健康のバロメーターです。
“便の形や色で健康状態が判る”とはよく聞きますが、では、“ニオイ”はどうなのでしょう・・・。

 

まぁ、便は臭いですからあんまり嗅ぎたくはないですが・・・(苦笑)、でも、ニオイもとても大事なのですよ。
健康的な便のニオイとは「酸っぱさ」を感じるニオイだそうです。たくあんやキュウリなどの「漬物」を思い浮かべると分かりやすいでしょう。冷蔵庫に入っているなら、さっそく嗅いでみましょう(笑)

 

これからは、排泄後は便の色や状態だけでなく、是非ともニオイのチェックも欠かさないでくださいね。
健康的な便とは、「バナナ状をした黄色っぽい便で、さらに酸味を含んだような“酸っぱい”ニオイ」であること。
是非、覚えておいてくださいね♪

 

健康的な便が排泄されるということは、腸の中で善玉菌がきちんと働いてくれている証拠です。
善玉菌を増やすには、ヨーグルトは特にお薦めな食品です!
ヨーグルトには、善玉菌の働きを助けてくれる乳酸菌が多く含まれており、乳酸菌は腸の環境を最適に整えてくれる優等生です。乳酸菌のサプリメントなども上手に利用すると良いでしょう。
また、野菜や穀物なども善玉菌を増やしてくれる食品ですので、普段の食事に多く摂り入れるようにしてくださいね。

 

一方、油っこいものやお肉などは悪玉菌が大好物。これらを多く摂り過ぎると悪玉菌が増殖する原因となり、腸に悪影響を及ぼしますので注意しましょう。
また、黒くて悪臭を放っているような便が排泄された場合は要注意です。腸内環境が悪化してしまっているとも考えられますので、一度検査を受けてみた方が良いでしょう。

 

腸は、免疫力の60〜70%を占める程の重要な臓器です。
病気の発見が遅れやすい臓器でもあるので、何だか便の状態が変だなと感じた時は、念のために病院で診てもらうようにすると安心です。