アトピー予防に乳酸菌が効く?

アレルギー疾患にお悩みの方が年々増えています。中でも、アトピー性皮膚炎は代表的なアレルギー疾患で、小さなお子さんが患っていることも多く、患者さんたちは辛い症状に大変な苦痛を強いられています。

 

近年、このアトピー性皮膚炎などのアレルギーの緩和に、「乳酸菌」が有効であるということが判ってきました。
「乳酸菌」はもともと人間の腸内などに生息しており、腸内環境を整えて善玉菌を増やし、健康な身体を維持するために重要な働きをしていますが、免疫力の向上にも優れた効果を発揮します。そして、アレルギーの発症にはこの免疫が大きく関わっていると言われているのです。

 

私たちの身体には、病原菌などの有害物が体内に侵入すると、それに抵抗する作用と沈静化させる作用を併せ持った免疫機能が作動します。両方が正しく機能するには常に免疫力が正常に保たれていなければならず、ひとたびバランスが崩れてしまうとせっかくの機能も上手く働いてくれません。

 

アトピー性皮膚炎などのアレルギーは、特定の物質に過剰に反応してしまうことによって生じるのですが、これも免疫機能の低下やバランスの乱れによって本来の働きが阻害されることのよって起きてしまうのです。つまり、アレルギー疾患を発症するかしないかは免疫機能の働きが鍵を握っているともいえるのです。
ですから、アレルギー症状を改善するには、まず免疫機能のバランスを正常に戻してあげることが必要です。

 

「乳酸菌」は免疫機能バランスを調整して機能を強化してくれます。即効性は認められませんが、免疫力が向上することで体質の改善に繋がり、アレルギーの症状の緩和が期待されるとされています。

 

現在では、乳酸菌メーカーでもアレルギーに特化した商品開発に成功しており、アレルギーを改善させる効果を持った乳酸菌飲料やサプリメントなども多数商品化され販売されています。
ご自身の健康のために、是非、意識して「乳酸菌」を摂るようにしてみてはいかがでしょうか。毎日の継続的な摂取をお薦めします。