於血には高麗人参がおすすめな理由とは?

「於血」(オケツ)。普段の生活では聞きなれない言葉ですが、一般的な言い方をすると、血液の粘度が高くなり、血液の循環に異常をきたすことを指し、主に於血に陥る原因は暴飲暴食・偏食や運動不足などの不規則な生活のほか、特に現代人には肉体・精神ともに慢性的なストレスによるものが大きな原因とされています。血行不良により、必要な栄養や酸素が身体に行き渡らなくなり、不要な栄養分が流れ込むことで太りやすくなるほか、様々な病気を引き起こす可能性も危惧されています。

 

その一例として、頭痛やめまいといった軽度のものから、皮膚の斑点や爪の紫色化などの表面的な異常も於血の症状と考えられており、漢方専門医などでも問題視されています。

 

根本として、生活習慣の改善が最適ですが、一度乱れた生活習慣はそう簡単に治らないもの。

 

そんな方に最もおすすめするのが、「高麗人参」。数ある漢方薬の中でも、高麗人参のみに含まれる有用成分ジンセノサイドには、体内の血液の粘度を下げ血流をスムーズにする効能があります。

 

ただ、病院での治療や処方される薬物は値段が高く、誰もが継続的な治療を行うことが困難とされています。

 

しかし、高麗人参は比較的安価で購入することができるので、病院での治療を行わずとも於血の改善が可能とされています。

 

金銭不足により、病院離れがすすむ現代人。軽い頭痛やめまいだからといって自然療養をすることでより悪化させ、最悪の事態に陥る前に、身体の異変を感じたら、まずは一度高麗人参を試してみるのをおすすめします。