高麗人参の収穫には4〜6年!希少価値が高い!

独特な形状と、様々な疾病に効く万能な効能を持つ漢方薬として全国的に知られている「高麗人参」。

 

普段口にする人参とは品種・効能ともに大きな違いがあり、セリ目ウコギ科の物のみが高麗人参として認められています。

 

また、朝鮮人参・オタネニンジンとも呼ばれ、朝鮮半島で発祥した高麗人参の歴史は4000年以上とされており、朝鮮・中国では古くから使用され、日本においては、江戸時代中期に八代将軍の徳川吉宗が栽培を推奨したのが起源と言われています。現在では韓国・中国が高麗人参の生産シェア7割以上を占めており、日本では福島、長野、島根の3県で主に栽培されていますが、1回の収穫に4〜6年の長い年月がかかるとともに、再び栽培を開始するまでに畑の再生のために10年という年月を要するため、大変希少価値の高いものとなっています。

 

高麗人参の健康効果

高麗人参の根に含まれている「ジンセノサイド」には、糖尿病や動脈硬化をはじめ、滋養強壮など多くの効能が立証されています。韓国では栄養ドリンクやガムをはじめ、石鹸に加工して利用される他、煎じて人参茶として愛飲、サムゲタンに使用するなど、一般生活において多様化されています。

 

日本では、根を蒸して乾燥させた状態の製品が多く流通しており、元来の有用成分が凝縮され、生の状態よりも1.5倍の効能を得ることができるため、日本でも薬局をはじめ、韓国料理店や天ぷらとしても愛用されています。

 

漢方薬は、他の漢方薬と併用することで更なる効果を高めるとともに、高麗人参と抗生物質の併用により病状改善にも効能があるとされており、日本の医療においても欠かすことのできないものとなっています。

 

この記事を読んだ人におすすめのサプリ

 

「ポリフェノールやS-アリルシステインを含む黒にんにく」とサポニンの他、ビタミンB1・B2などのビタミン類やマグネシウム、カリウム、亜鉛などのミネラル、その他多くの必須アミノ酸が含まれる「高麗人参」を同時に摂ることができるおすすめのサプリです。

 

製造元が製薬会社の小林製薬なので厳格な品質管理の元、製造されているので安心です。

 

疲れやすい方、健康維持を望む方、元気と若々しさを応援する「黒にんにく高麗人参」をお試し下さい。

 

小林製薬の黒にんにく高麗人参