高麗人参に含まれるサポニンがお肌にハリと引き締め

秋から冬場にかけてよく聞く乾燥肌。その原因は様々とされており、湿度や生活習慣などがよくメディアで取り上げられますが、一番の原因はスキンケアのしすぎによるもの言われています。

 

その他にも、寒い冬場にはゆっくりとお風呂に浸かりたいもの。しかしそれも肌の脂質を損ない、肌が乾燥する原因の一つとなっています。

 

更に、乾燥した肌に対応しようと乳液やクリームで対応する人も多く見受けられますが、それも逆効果。本来は先ず水分をしっかり補うのが重要なのですが、しっかりとした対処法が理解されていないのが現状です。

 

そんな中、2000年以上も昔から漢方薬として愛用されている「高麗人参」。滋養強壮などに効くのは良く耳にしますが、実は乾燥肌や年齢肌など、肌に関する問題にも十分な効果を得ることができます。

 

その理由は、高麗人参に多く含まれている「サポニン」という有用成分。サポニンには肌が健康であるために欠かすことのできないうるおい・癒し作用を持ち合わせており、肌本来の活き活きした生命力を取り戻すとともに、肌にハリを与え、引き締める効果があることが科学的に証明されています。

 

また、漢方には他の有用成分の効能を手助けするなどの理由から、多くの美容品に配合されています。

 

毎日の主婦生活で肌が荒れがち、また、毎日忙しく手入れの時間がないというかた。通販や薬局でも気軽に購入できる、高麗人参のエキスが凝縮したクリームの使用をオススメします。