高麗人蔘に含まれるどの成分がどのように作用し疲れ、疲労回復に良いのか?

痛み・発熱と並んで、生体の3大アラームと言われ、健康な身体を維持する上で重要な問題とされている疲労。現に、就労している人口の6割以上が「疲労している」との自覚症状が出ています。

 

更にその6割以上の人口が、半年と長い月日に亘り継続して疲労を感じたままの状態の「慢性疲労」であると言われ、就労者の慢性疲労により、日本の経済にも大きな損失を与えています。

 

そもそも疲労には身体的な疲労と精神的な疲労の2種類があり、睡眠不足や人間関係の問題のほか、過労などさまざまなストレスによるものと定義づけられています。

 

疲労の回復法として@ゆっくりとお風呂に入るA栄養ドリンクを飲むBマッサージをするなど様々な対策がありますが、いずれも一過性の解説策に過ぎず、根本的な解決には至りません。

 

そんな中、溜まった疲れを取り除き、更に疲労予防になるのが漢方薬として有名な高麗人参。高麗人参に含まれるジンセノサイドという成分には、体内のホルモンの分泌を適度に促進させ、ストレスを緩和する効用があります。また、栄養分を吸収する胃腸を活性化させるとともに、吸収した栄養を正常に運ぶために必要な腎臓・肝臓の機能を改善してくれます。

 

また、疲労が溜まる一番の要因とされている体内の酸素不足。高麗人参には赤血球の増加効果もあり、酸素や栄養を身体の隅々まで運ぶことができ、早期の疲労回復が見込まれます。

 

その他、高麗人参は古来より万能な効能を持っており、疲労を根本から取り除くことのできる、疲労回復剤として理想的な漢方薬です。