ジンセノサイドの特徴や期待できる効果記事一覧

独特な形状と、様々な疾病に効く万能な効能を持つ漢方薬として全国的に知られている「高麗人参」。普段口にする人参とは品種・効能ともに大きな違いがあり、セリ目ウコギ科の物のみが高麗人参として認められています。また、朝鮮人参・オタネニンジンとも呼ばれ、朝鮮半島で発祥した高麗人参の歴史は4000年以上とされており、朝鮮・中国では古くから使用され、日本においては、江戸時代中期に八代将軍の徳川吉宗が栽培を推奨し...

韓国や中国をはじめ、日本でも動脈硬化や滋養強壮などの効能をもつ和漢植物のなかでも代表格として有名な高麗人参。その歴史は、紀元前より漢方薬として多くの人々に愛用されています。一方、世界中で香辛料・薬味として使用されている「生姜」にも、ジンゲロールやショウガオールといった、高麗人参と同様の生薬としての効能があるとされており、風邪の諸症状の改善にも高い効果があります。また、日本にいち早く渡来し、早期に人...

人々の身体が健康であることを表す指標の一つである「血圧」高くても低くても身体に大きな影響をあたえる恐れがあるとして、昔から危険視されています。血圧の変動によって起きる症状は人によって様々と言われていますが、各種神経や身体内部の血行不良によって起きる低血圧の場合には、不眠や寝起き不良の他、動悸息切れが挙げられます。また、逆の高血圧の場合はホルモン異常などによって発生し、脳卒中や糖尿病など死に至るリス...

痛み・発熱と並んで、生体の3大アラームと言われ、健康な身体を維持する上で重要な問題とされている疲労。現に、就労している人口の6割以上が「疲労している」との自覚症状が出ています。更にその6割以上の人口が、半年と長い月日に亘り継続して疲労を感じたままの状態の「慢性疲労」であると言われ、就労者の慢性疲労により、日本の経済にも大きな損失を与えています。そもそも疲労には身体的な疲労と精神的な疲労の2種類があ...

日本人の生活において数多く潜む低体温化。それによって引き起こされる冷え性には主に、自律神経の失調・ホルモンバランスの異常・低血圧・貧血などの原因があるとされており、実にその数、日本人口の6〜7割が冷え性と言われています。主にすべての起因は「血行不良」によって発生しており場合によっては重大な問題になることもしばしばあります。また、冷えの種類も、アレルギーから引き起こされる「アレルギータイプ」と「リウ...

男性なら誰でも思う「いつまでも元気でいたい!」という気持ち。しかし、そんな思いとは裏腹に、年齢を重ねることで体力や身体の機能は著しく低下していきます。市販の栄養ドリンクにも「滋養強壮効果」と記された商品も多く存在しますが、そのほとんどが一過性。また、現代ではさまざまな健康食品が流通していますがどれも著しい効果を得ることは困難とされています。そんな中、漢方薬として2000年以上も昔から愛用されている...

猛暑日が年々増え続ける日本。早いところでは7月初旬から35度の猛暑日をむかえる地域も多々あります。夏バテによる体力減退のほか、最も恐れられているのが「熱中症」。毎年多くの方が発症し、重大なケースでは死者がでることもあります。各メディアでは暑さ対策として、水分補給やビタミンなどの摂取を推進するよう呼びかけていますが、年々勢いを増す驚異的な猛暑にこれらでは対応が難しくなってきています。そんな中、一時的...

「於血」(オケツ)。普段の生活では聞きなれない言葉ですが、一般的な言い方をすると、血液の粘度が高くなり、血液の循環に異常をきたすことを指し、主に於血に陥る原因は暴飲暴食・偏食や運動不足などの不規則な生活のほか、特に現代人には肉体・精神ともに慢性的なストレスによるものが大きな原因とされています。血行不良により、必要な栄養や酸素が身体に行き渡らなくなり、不要な栄養分が流れ込むことで太りやすくなるほか、...

「いつまでたっても若く見られたい」。世の女性なら、誰もが強く思うこと。年を重ねるごとに増えるシミやたるみには多くの女性が悩みを抱えています。近年、多くの薬局でも「肌年齢を下げる」といった名目の化粧用品が多く出回っていますが、いずれも即効性に欠け、長期に亘り継続的に使用しないといけないので、金銭面的にも大きな負担となります。そんな中、2000年以上も前から万病に効く薬草として世界中で愛用されている「...

秋から冬場にかけてよく聞く乾燥肌。その原因は様々とされており、湿度や生活習慣などがよくメディアで取り上げられますが、一番の原因はスキンケアのしすぎによるもの言われています。その他にも、寒い冬場にはゆっくりとお風呂に浸かりたいもの。しかしそれも肌の脂質を損ない、肌が乾燥する原因の一つとなっています。更に、乾燥した肌に対応しようと乳液やクリームで対応する人も多く見受けられますが、それも逆効果。本来は先...