お酒に弱いってどういう状況?

飲酒をすると、体内にアルコールが取り込まれますが、このアルコールは、アセトアルデヒドという物質へと分解されますが、このアセトアルデヒドは有害物質で、このぶっしつが体内に蓄積されてしまうことで、顏が赤くなったり気持ちが悪くなる、頭痛を引き起こすといった症状が現れます。

 

このアセトアルデヒドを分解する力が高い人はお酒に強く、分解する力が弱ければお酒が弱いということになります。

 

お酒に強くなる方法

 

お酒に強いか弱いかは、アセトアルデヒドを分解する力によって決まりますが、これは「遺伝」によってあらかじめ決まっています。
ご自身がお酒が飲めるタイプであるか、それとも飲めないタイプかを遺伝子レベルで検査することが出来るキッドなども販売されてます。
もちろん、病院で検査をしてもらうことも可能です。

 

遺伝子レベルで決まっていることなので、お酒を毎日大量に飲むことでお酒に慣れればお酒が強くなるといった考え方は、間違いです。
そうしているうちにお酒に強くなった!という人は、元々お酒に強い人でしょう。

 

日本人の約4割はお酒に弱い

 

先程お話した通り、お酒に強い弱いは遺伝子で決まっていますが、私達日本人の実に4割は、お酒に弱い体質であるといわれているのを、ご存じでしょうか?

 

遺伝子レベルでのお話ですから、毎日多くアルコールを摂取したところで、お酒に強くなるということは、ありません。
社会人などで、どうしてもお酒のお付き合いをしなければならない人もいるでしょう。

 

こういった、どうしても避けられない状況があるという人は、ご自身の体質を知った上で飲酒しましょう。
付き合いとはいえ、飲酒の強要は厳禁ですから、飲めない場合はきちんと相手に伝えることも大切です。