タウリンとは

タウリンは、魚介や牡蠣などの貝類、たこ、いか、魚の血合いなどに多く含まれている成分で、血圧、コレステロール、血糖値が高い人、また、飲酒などで肝臓が疲れていたり、身体のむくみ、息切れといった症状が出る人に特にお勧めの成分です。

 

タウリンは私達の体内で、筋肉、目の網膜、心臓、肝臓などの臓器、脳などに高濃度で含まれており、私達の身体の細胞の状態を正常に戻そうとする作用があります。
分かりやすく説明すると、血圧が上がってしまえばそれを正常値まで戻してくれたり、肝機能が劣ってしまえば通常の動きになるよう高めてくれるといった嬉しい作用をもたらしてくれています。

 

どうしてタウリンは肝臓にいいの?

タウリンには、肝臓の機能を高めてくれるポイントが3つあります。

 

まず、胆汁酸の分泌を活発にしてくれる作用があり、これは肝臓の働きを助けてくれます。
次に、肝臓の再生を促進。
最後に、肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる作用があるので、タウリンによって胆汁酸の分泌が増えることによって、血液中のコレステロール値も下がります。

 

また、タウリンはインスリンの分泌を促進する効果もあり、糖尿病予防に有効的であるともいわれています。

 

タウリンで肝臓を守ってあげましょう

アルコールが体内に入ると、肝臓内で一旦アセトアルデヒドに分解されて、そこから酵素により再び分解されますが、この分解こそが、肝臓に大きな負担をかけてしまっているのです。
ですから、アルコールを大量に摂取してしまうと、肝臓に負担が掛かるのです。

 

ですが、この状況でタウリンを摂取すると、タウリンが酵素の働きを助けてくれます。
そうなることで、アルコールの分解を促してくれるので、肝臓への負担を軽減してくれるのです。