しじみの成分

しじみの成分は、タンパク質、鉄、カルシウム、ビタミンB12、グリコーゲン、コハク酸で出来ています。

 

私達日本人にとって、しじみは昔から貴重なタンパク源として重宝されており、黄疸治療などにも用いられており、大変薬効の高い食材として有名です。

 

しじみはどうして肝臓にいいの?

過剰にアルコール摂取することで、肝細胞が破壊されてしまいます。
この、破壊されてしまった肝細胞を再生させてあげる為には、良質なたんぱく質を摂取することにあります。

 

しじみは、鶏卵に負けず劣らずといっていいレベルで必須アミノ酸を含んでおり、そのバランスはまさに理想的なものです。
十分なアミノ酸が必要な分だけ整っているだけでなく、消化吸収が良い、低脂肪ということもあり、肝臓への負担が少ないのもメリットです。

 

また、ビタミンBも豊富に含んでおり、中でもビタミンB12の含有量は、レバー並みに含まれており、ビタミンB12ha、赤血球の中のヘモグロビンの生成を助け、特に女性の場合は、貧血予防に効果的です。
鉄、カルシウムも多く含んでおり、含まれている成分全てが相乗効果として良い働きをするので、肝機能を回復、肝臓を丈夫にしてくれるのです。