なぜお酒を飲むと肝臓に負担がかかるの?

これはアルコールを摂取することで、アセトアルデヒドという成分が体内に蓄積してしまうためです。
肝臓に運ばれたアルコールは、アセトアルデヒドに分解されますが、これは最終的に水分と炭酸ガスとなり、体外へと排出されていきますが、このアセトアルデヒドというのは有害物質で、アルコールを過剰摂取してしまうことで、体内でアルコールがうまく分解されず、体内に蓄積していきます。
そうなることで、二日酔いや肝臓病といった症状を引き起こしてしまいます。

 

長期間にわたって、過剰にアルコールを摂取したことで、アセトアルデヒドが脂肪分解を抑制し、それと同時に中性脂肪の原料である脂肪酸の合成を高めてしまい、肝細胞内に中性脂肪が蓄積されていきます。
これが「脂肪肝」です。
脂肪肝である状態が慢性的に継続した状態のまま、更にアルコールを大量に摂取してしまうことで、アセトアルデヒドが肝細胞を破壊してしまいます。
これが「肝硬変」の症状です。

 

日常生活で注意すべきポイント

肝臓に負担が掛からない生活を送ることが一番ベストといえます。
飲酒が大好きな人にとっては、お酒の量を減らすというのは、中には至難の業だと感じる人もいらっしゃると思いますが、身体を崩してしまっては、強制的にお酒を我慢しなければならなくなります。

 

そうなるより、少しだけでも毎日お酒が飲める方が幸せですね。
また、「休肝日」を設けるといいでしょう。
お酒を飲まない日は、ノンアルコールビールやノンアルコールカクテルなどと上手に付き合いましょう、慣れていくことで、違和感もなくなってきます。