二日酔いはなぜ起きるのか?その原因は?

美味しくお酒を飲んでも、どうしても翌日に二日酔いに悩まされる人も多いですね。
では、この二日酔いというのは、なぜ起きるのでしょうか?

 

二日酔いというのは、アセトアルデヒドやその参加物の毒性、アルコールを摂取することで引き起こされる脱水、体液の酸性化、低血糖、そして、飲んだその日は体力が不足していたといったような原因があわさって起きる症状です。
また、悩みの種でもある激しい頭痛は、アルコールが引き起こす脱水作用の影響です。
これは、脳の細胞に含まれている水分が少なくなってしまい、収縮する為に頭痛が引き起こされますが、これは、水分を補給することによって回復することが出来ます。

 

身体が脱水症状を引き起こす

 

脳の細胞に含まれる水分が少なくなることで、収縮運動が起き頭痛が起きますが、この場合は、脳のみが脱水症状を起こしている訳では、ありません。
寧ろ、身体全体が水分が減少し、そうなることで今度は、体液中に含まれるナトリウム、カリウムの濃度が上がり、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などは尿と共に体外へ排出されそれらが不足がちになります。

 

そもそも、カルシウム、マグネシウムといったものは、筋肉の収縮運動、血圧の調整といった、身体を調節することに必要なミネラルなので、不足してしまうことで、脱力感や疲労感を感じてしまいます。

 

また、低血糖も起きてしまい、グリコーゲンを消費します。
飲酒をすると、低血糖が起こってしまいますから、これを補うよう、肝臓や筋肉にあるグリコーゲンが消費されることになります。
体内のアミノ酸も同様な他、摂取したアルコールを分解しようと、大量のビタミンB1が使われてしまい、低血糖だけでなくビタミン不足にもなってしまいます。

 

これらの理由により、頭痛、めまい、倦怠感が起きる、これが二日酔いが起きてしまう原因です。