二日酔いに効くサプリの選び方

二日酔いで辛いけれど、仕事を休むというのはとても出来ませんね。

 

この場合、何か二日酔いに効く薬があればと考える人は多くいるでしょう。

 

では、二日酔いに効く薬は、あるのでしょうか?

 

正直なところ、二日酔いの症状を軽減させてくれる薬はあるものの、二日酔いに即効性のある薬というものはありません。

 

市販の液体内服液ではどう?

現在では、ドラッグストアだけでなく、コンビニエンスストアなどでも、飲み過ぎなどによる症状に効果のある液体内服液を購入することが出来ます。

 

 

 

これらに即効性はないものの、二日酔いからくる胃のもたれやむかつきなどを軽減してくれるものもありますので、ご自身の身体にあう液体内服液を見つけてみるといいでしょう。

 

緩和する薬は?

二日酔いは、胃が気持ち悪い、吐き気などの症状の他に頭痛もあります。

 

これは、アルコールを摂取することで脱水症状が起きているので、吸収のいいスポーツドリンクなどで水分補給をすることで、随分と解消されます。

 

市販の鎮痛剤の中にも、二日酔いからくる頭痛に効果をもたらすものもありますが、あまり薬に頼っても身体に負担がかかるので、なるべく、水分補給などで緩和させるといいでしょう。

 

飲む前に飲んでおくサプリメント!

 

数値も飲み過ぎも気にならないと評判の二日酔い対策サプリがレバリズム!

 

素材探しに2年、調合に1年半を費やし、こだわり抜いたサプリで、毎日の晩酌が大好き、断れない飲み会が多いという方はには試して欲しいサプリです!

 

レバリズムの詳しい情報はこちら

 

 

 

二日酔いサプリの選び方|予防・回復・改善効果・お酒に強くなる?記事一覧

美味しくお酒を飲んでも、どうしても翌日に二日酔いに悩まされる人も多いですね。では、この二日酔いというのは、なぜ起きるのでしょうか?二日酔いというのは、アセトアルデヒドやその参加物の毒性、アルコールを摂取することで引き起こされる脱水、体液の酸性化、低血糖、そして、飲んだその日は体力が不足していたといったような原因があわさって起きる症状です。また、悩みの種でもある激しい頭痛は、アルコールが引き起こす脱...

二日酔いの際は、食欲がなくなるものです。ですが、食べないのも身体に悪いですから、何かしら口にした方がいいでしょう。まず、二日酔いになると、ノドが乾く、頭痛、吐き気、倦怠感に襲われます。実際、これらの症状に速攻性のある二日酔いの薬は、ありません。肝心なのは、一番は水分をしっかりと摂取することにあります。また、当分、ビタミン、タンパク質などの栄養補給も重要です。二日酔いに有効な食事二日酔いには、大根お...

肝硬変の検査には、いろんな種類がありますが、その中のひとつに血液検査があります。血液検査では、色々な数値を確認し、そこから肝硬変かどうかを判断します。ここでは、総ビリルビン、アンモニア、プロトロビン、コリンエステラーゼ、血小板、アルブミン値といった項目を検査しますが、この中の「総ビリルビン」が、黄疸を表している数値です。この数値が一定(1,2mg/dl)以上になると肝硬変を生じているということにな...

今では、お酒好きの方にすっかり浸透した「ウコンの力」ですが、いろいろな種類も増え気軽にコンビニでも買うことができます。ウコンの力 スーパーウコンの力 ウコンエキスドリンクウコンの力 レバープラスウコンの力 カシスオレンジ味ウコンエキス、クルクミン、ビサクロンなど肝臓に良さそうな成分の含有量や味などに違いがあります。実際にこのウコンの力は、どのタイミングで飲むといいのでしょうか?ウコンの力を飲むタイ...

これはアルコールを摂取することで、アセトアルデヒドという成分が体内に蓄積してしまうためです。肝臓に運ばれたアルコールは、アセトアルデヒドに分解されますが、これは最終的に水分と炭酸ガスとなり、体外へと排出されていきますが、このアセトアルデヒドというのは有害物質で、アルコールを過剰摂取してしまうことで、体内でアルコールがうまく分解されず、体内に蓄積していきます。そうなることで、二日酔いや肝臓病といった...

タウリンは、魚介や牡蠣などの貝類、たこ、いか、魚の血合いなどに多く含まれている成分で、血圧、コレステロール、血糖値が高い人、また、飲酒などで肝臓が疲れていたり、身体のむくみ、息切れといった症状が出る人に特にお勧めの成分です。タウリンは私達の体内で、筋肉、目の網膜、心臓、肝臓などの臓器、脳などに高濃度で含まれており、私達の身体の細胞の状態を正常に戻そうとする作用があります。分かりやすく説明すると、血...

クルクミンという言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。これは、カレーのスパイスでお馴染みの「ウコン」に含まれている黄色色素のことをいいます。植物色素(ポリフェノール)は、赤ワインのレスベラトールや、ブルーベリーのアントシアニンなどでお馴染みですね。そんな中、今最も注目を浴びている色素こそが「クルクミン」なのです。クルクミンは、熱帯地方原産のウコンの根茎を乾燥させ、アルコールなどの溶媒...

しじみの成分は、タンパク質、鉄、カルシウム、ビタミンB12、グリコーゲン、コハク酸で出来ています。私達日本人にとって、しじみは昔から貴重なタンパク源として重宝されており、黄疸治療などにも用いられており、大変薬効の高い食材として有名です。しじみはどうして肝臓にいいの?過剰にアルコール摂取することで、肝細胞が破壊されてしまいます。この、破壊されてしまった肝細胞を再生させてあげる為には、良質なたんぱく質...

飲酒をすると、体内にアルコールが取り込まれますが、このアルコールは、アセトアルデヒドという物質へと分解されますが、このアセトアルデヒドは有害物質で、このぶっしつが体内に蓄積されてしまうことで、顏が赤くなったり気持ちが悪くなる、頭痛を引き起こすといった症状が現れます。このアセトアルデヒドを分解する力が高い人はお酒に強く、分解する力が弱ければお酒が弱いということになります。お酒に強くなる方法お酒に強い...

お酒を飲むと顏が赤くなる人がいますが、これはなぜなのでしょう。アルコールに強いから?アルコールに弱いから?これらの疑問について、お話したいと思います。お酒を飲むと顏が赤くなるアルコールは、体内に入ると、1.アルコール→2.アセトアルデヒド→3.酢酸といったように分解されますが、いわゆる酔った状態になった時に、2.アセトアルデヒドの影響で、顔が赤くなったり頭痛を引き起こします。顏が赤くなるのはお酒に...

とことんお酒を飲みたいけど翌日には残したくない!そう思う人は沢山いるのではないでしょうか?お酒を沢山飲んでも翌日に残さない方法として、「L-システイン」を摂取すると効果的です。L-システインは、元々は肝臓機能の強化を目的とし開発されました。肝臓の機能が上がることで、日焼けに、シミ・ソバカスに効果があることもあり、現在では、シミ・ソバカスの薬などでこの言葉をよく耳にするのではないでしょうか。薬として...

二日酔いしにくいお酒はあるのでしょうか?お酒といえば、ビール、日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキーが代表的です。飲みすぎることで二日酔いになりやすいお酒は、日本酒ワイン焼酎ウィスキーです。アルコールが分解され体内に毒素(アセトアルデヒド)が残る事で二日酔いになるため、飲酒量 × アルコール度数とご自身のアルコール分解能力(体質、体調、人種、遺伝で異なる)により二日酔いになるか、ならないか変わってきます...

コンビニやスーパーなどで気軽に買えるヘパリーゼは飲むと二日酔いしづらいと良く聞ききますが、効果はどのくらいなのでしょうか?ヘパリーゼにも、新ヘパリーゼドリンク【第三類医薬品】ヘパリーゼHi【第三類医薬品】ヘパリーゼキング【第二類医薬品】ヘパリーゼキングプラス【第二類医薬品】ヘパリーゼキングEX【第二類医薬品】ヘパリーゼプラスU【第三類医薬品】ヘパリーゼプラスアミノ【指定医薬部外品】などドリンクや錠...