注目の大豆イソフラボン エクオールとは

「エクオール」という成分をご存じですか?

 

エクオールは、大豆に含まれている大豆イソフラボン由来の成分で、女性ホルモンである「エストロゲン」と似た働きをしてくれます。

 

女性ホルモンと似た成分といえば大豆イソフラボンであるとして、体内で働き女性の辛い症状の緩和などに役立ってくれているといわれていましたが、その嬉しい効果が、実は「エクオール」だということが分かってきました。
大豆に含まれていることでも知られている「ポリフェノール」と「大豆イソフラボン」ですが、これらは大きく分けて

 

・ダイゼイン
・グリシテイン
・グニステイン

 

という3つがあります。

 

そもそもイソフラボンは、吸収されやすい”アグリコン型”と吸収しづらい”グリコシド型”がありますが、上記の3つは吸収されやすいアグリコン型。

 

この3つは、大豆から抽出される部分によって含有量が異なりますが、大豆胚芽から抽出されたイソフラボンには、「ダイゼイン」が豊富に含まれているのです。

 

ダイゼインは、腸内細菌と反応するとエクオールに変化します。変化したエクオールは、そのまま身体に吸収されます。もちろん、ダイゼインのままでも吸収はされますが、体内でエクオールに変身した状態で吸収されることで、更年期の辛い症状に効果を発揮してくれるという訳です。

 

ここでは、女性の救世主「エクオール」についてお話していきます。

 

エクオールと大豆イソフラボンの違い

 

まず、エクオールと大豆イソフラボンの違いですが、簡単に書くと、

 

・エクオール生産菌によって変換された代謝物質がエクオール
・エクオールの生産元は大豆イソフラボン

 

というもの。
つまり、エクオールの元は大豆イソフラボンということです。
ある意味「同じ」かもしれませんが、”大豆イソフラボンの作用だと思われていたものが、最近になってエクオールの作用だということが分かってきた”ということ。

 

これまで「スーパーイソフラボン」という名前がついたイソフラボンがありましたが、それがまさにエクオール。
”イソフラボンの代謝物がエクオール”と書くと少しややこしい印象になりますが、腸内細菌(ダイゼイン)の力を借りて生まれるのがエクオールという訳です。

 

今話題の「エクオール」の特徴と嬉しい効果

 

エクオールは、女性に嬉しい特徴と効果があります。

 

・更年期障害の辛い症状(イライラ、憂鬱・不安、ホットフラッシュなど)の緩和
・首こり・肩こりの軽減
・骨粗しょう症予防
・美肌効果

 

と、エクオールには、女性ホルモンと似た働きをして身体に作用することで、更年期障害の辛い症状を緩和してくれるだけでなく、美肌効果もあるという嬉しい特徴が。

 

エクオールで首や肩のこりがラクになる?

 

エクオールは、エストロゲンの持つ血管拡張作用と同じ働きをしてくれるので、首や肩のこりにも聞きます。
エストロゲンは、血管拡張作用がありますが、分泌量が減っていくことで血管が広がりにくくなり血流が滞っていきます。
普段から姿勢が悪い人や運動をあまりしない人、分泌量の減るタイミングで運動量が減った人は、血流が悪くなりやすく肩こりになったり、元々肩こりのある人はそれが悪化することも。

 

そこで、ぜひ摂取したいのがエクオールです。
エストロゲンの代わりに働き、凝り固まった血管を柔らかく修復し、血流改善効果が期待できるので、継続して摂取することが出来れば、血管がきちんと広がった状態をキープできるため、首や肩のこりを解消できるという訳です。
これは、女性だけでなく男性にも効果的です。

 

エクオールと骨粗しょう症って関係あるの?

 

エクオールは、女性ホルモンに作用する成分であることから、骨粗しょう症とは関係がないのでは?という印象もありますが、骨粗しょう症になる人の実に9割が女性であることをご存じでしょうか?
更年期にホルモンバランスを崩して骨粗しょう症に悩む女性が多いことからも、女性ホルモンと骨粗しょう症への影響が関係していることがよくわかります。

 

女性ホルモンは、女性の体調だけでなく骨の新陳代謝を促進する役割もあります。
ですから、年齢と共に女性ホルモンが減少してしまえば、骨の代謝も下がって段々骨も弱くなっていってしまうので、健康で強い骨を保ちたいなら、尚更女性ホルモンを摂取して骨の代謝を促進させる必要があります。

 

また、閉経後に女性ホルモンの働きが弱くなることで、骨密度が一気に減少していきます。
閉経後に骨粗しょう症になる女性も多いため、女性ホルモンを摂取することが欠かせなくなりますが、そもそも女性ホルモンそのものを摂取すること自体はなかなか難しい・・・ならばそれに似た働きをしてくれる「エクオール」を摂取すればいいのです。

 

エクオールで、骨の新陳代謝を促進できれば、骨はきちんと強くなってくれます。
更年期障害の辛い症状の緩和だけでなく、骨粗しょう症の予防や改善にも、エクオールは欠かせない成分なのです。

 

エクオールの美肌効果

 

お肌の状態には個人差があるもの。
特に女性は、年齢に関係なくお肌のコンディションが気になるものです。
いつまでもきれいなお肌を保ちたい、そう思うのはとても自然なことです。
女性は、年齢を重ねていくことで更年期を迎えますが、最もホルモンバランスが崩れるのが更年期で、それによって起きるのが「更年期障害」です。

 

そもそも女性は、ホルモンバランスが崩れることで肌荒れを起こすなど、何かとホルモンに左右されてしまう体質です。
お肌のコンディションが乱れてそのまま崩れてしまうと老化が進行してしまいますが、出来るだけそうならないようサポートしてくれるのが「エクオール」です。
エクオールは、先ほどお話したように、女性ホルモンに似た働きをしてくれますが、摂取することで女性ホルモンのバランスが整うので、結果としてアンチエイジング効果が期待できるといわれています。

 

毛穴も目立たないつるっとしたきれいなお肌は、なかなか維持することが難しいもの。
特に年齢を重ねていくと、毎日きちんとスキンケアをしていてもキープしきれません。
エクオールは、元気のないお肌にも働きかけてくれるので、美肌効果が期待できます。
というのも、エクオールは、抗酸化作用があることでも知られているポリフェノールの一種であるためです。
美肌に欠かせないコラーゲンの生成促進といった効果も期待できるため、ハリのあるお肌を手に入れたいなら、エクオールの力を借りるのも賢い選択といえます。

 

エクオールを体内で作れる人と作れない人がいる

 

日本人の体質では、2人に1人が体内でエクオールを作り出すことが出来ますが、年齢が若い女性の方がエクオールを多く生産できる・・・というイメージですが、実はそうではありません。
現代社会において、若い女性でエクオールを作ることが出来ない人が増えているといわれています。
これといった確実な原因はまだ解明されてはいないものの、食生活の欧米化や栄養が偏った不規則な食生活が原因ではないかと考えられています。

 

日本人が摂取する豆類は大豆が多くを占めていますが、豆類の摂取量が最も多い世代は60代。
しかし、若い世代が大豆製品を摂取する機会が少ないようです。
1日の目標摂取量は100gですが、1回の職位で100gではなく、1日で100gですから、摂れない量ではありません。

 

また、腸内細菌のごはんになる栄養素として欠かせないのが「食物繊維」です。
最初に書いたように、エクオールはダイゼインが腸内細菌と反応して生まれます。
ダイゼインでも吸収されますが、エクオールに変化して吸収される方が、より効果を発揮してくれるため、腸内環境を健やかに保つためには、食物繊維も欠かせません。
やはりこれも若い世代よりも60代の方が多く摂取しています。
若い世代と60代で食物繊維の摂取量がどれだけ違うかというと「5g」です。
これはレタスに換算するとまるまる1個分もの差なのです。

 

緑黄色野菜
根菜や海藻
きのこ類

 

など、食物繊維が含まれている食品を積極的に摂り、腸内環境をきちんと整えていきましょう。
腸内環境が整うことで、エクオール産生量がアップするのはもちろん、便秘改善・解消にもつながるほか、腸内環境が整えば食事で摂取した栄養素をしっかり吸収できるので、美肌効果や美髪効果、そして何よりも健康維持に繋がります。

 

まだ間に合う!腸内環境を正常化

 

腸内環境は、これまで行ってきた食生活によって環境が作られていますから、食生活をいきなり変えたからといって数日で結果が出るものではありません。
大切なのは「続けること」です。
毎日の食生活を見直してみたり、意識して豆腐や納豆などの大豆製品、生野菜サラダなど食物繊維を含む食品を積極的に摂ることを意識した食生活を続けることで、腸内環境が整ってエクオールの効果を発揮しやすい腸内環境に変化させることも不可能ではありません。

 

もしあなたが、もう若くないといわれる年齢であっても、全く遅くありません。
毎日の食事をちょっとずつ見直して、これからの自分のために栄養バランスの良い食生活に変えていきましょう。

 

また、毎日のように受けるストレス、睡眠不足、運動不足など、生活習慣を見直すのもまた、エクオール産生に関係してきます。
ご自身に合った「健康的な生活」を送るよう意識して少しずつ改善していくだけで、結果がぐんと違ってきます。

 

出来るだけ毎日大豆食品を摂りましょう

 

大豆食品を頻繁に食べることも、エクオール産生に関係しています。
大豆食品を頻繁に食べる人と食べない人とでは、エクオールを作れる割合が2倍も違いがあるという結果も出ています。

 

エクオールの効果をしっかり実感したい人は、豆腐、納豆、豆乳、きなこなど大豆製品を出来るだけ毎日意識してしっかり摂ることが必要です。
摂取した大豆イソフラボンは、摂取から2日目には尿と一緒に排出されてしまうため、一度に多く食べるのではなく、毎食ごとにこまめに摂ることが大切です。

 

また、大豆食品が苦手だという人は、サプリメントからイソフラボンを摂取するのもお勧めです。
これなら、毎食後など飲むタイミングが決まっていますから手軽に毎日摂取できます。
ただし、大豆イソフラボンを配合しているサプリメントの場合、生理周期に乱れが生じたり、人によっては生理痛が重くなる場合があります。
不安な人は、飲む前に産婦人科などの専門医に相談してみるといいでしょう。

 

ここからは、エクオールを配合しているサプリメントをご紹介していきます。

 

お勧めのエクオール配合サプリメント

 

・ここほまれ ノムダス
・大塚製薬 エクエル
・小林製薬 エクオール

 

ここでは、この3つのエクオール配合サプリメントをご紹介していきます。

 

ここほまれ「ノムダス」

 

「ノムダス」は、赤ちゃんのお腹から発見された”エクオール生産菌”。
女性ホルモンに左右されやすく不安定な女性のめぐりを追及して作られた、新発想のサプリメント。
身体の中でエクオールを作り出すことで、身体により優しく摂取できるように配慮されているのを始め、自然素材にこだわって作られており、錠剤を飲むのが苦手な人にも飲みやすいよう小粒サイズに作られています。
身体に優しい成分だけを使って作られているから、毎日安心して飲み続けられます。

 

内容量:120粒(約1ヶ月分)
通常価格:6,980円
定期購入:初回特別価格1,260円
※2回目以降は毎月3,980円でのお届けとなります。

 

大塚製薬「エクオル」

 

大塚製薬は、1996年から実に20年以上もの長い間、大豆イソフラボンの研究を行ってきました。
長年の研究の成果が生み出した「エクオル」。
女性のゆらぎ期の健康と美容をサポートしてくれるエクオールサプリメントです。

 

内容量:112粒(1日4粒目安:28日分)
通常価格:4,320円
定期購入:4,104円

 

小林製薬 エクオール

 

発酵技術の進歩によって大豆イソフラボンから抽出したエクオールを1粒にぎゅぎゅっと閉じ込めて造られた小林製薬「エクオール」。
女性の身体のバランスを内側から整えてくれるブラックコホシュ、ヘスペリジン、テアニンといった成分をバランスよく配合。
ホルモンに左右されやすい不安定な女性の身体を優しくサポートしてくれます。

 

内容量:30粒(約30日分)
通常価格:2,700円
定期購入:初回特別価格 1,350円
※2回目以降から毎回2,430円でお届け

 

エクオールのまとめ

 

ここまでのお話で、エクオールが女性ホルモンの減少をサポートし更年期障害の辛い症状や美容効果が期待できることがお分かりになったと思います。

 

・女性ホルモンのサポート
・更年期障害の辛い症状の緩和
・体内で作れる人とそうでない人がいる
・日頃から積極的に大豆食品を食べる
・エクオール配合のサプリメントを摂る

 

これまで悩まされていた敏感に変化する女性のゆらぎを穏やかに出来るよう、これらのことをぜひ毎日の生活習慣にプラスして、健やかな毎日をお送りください。