メチルアリルジスルフィドの特徴

メチルアリルジスルフィドは、にんにくに含まれる成分で、血小板の凝集を抑制する作用があります。

 

また、血液の凝固を抑制する効果もあるので、心筋梗塞や脳卒中などの血栓症の防止に役立ちます。

 

私たちの血液は、毎日24時間休まず臓器に流れていますが、血栓が出来ると、その部分で血管が詰まっていきますが、血液は止まることなく流れ続けます。

 

そうしていくうちに、血液の行き場がなくなり、やがて血管が破裂します。

 

また、血液が臓器にうまく循環されなくなると、末期の臓器の細胞が死んでしまいます。

 

これを、梗塞(こうそく)と呼びます。

 

心筋梗塞や脳梗塞という言葉を聞いたことがある人もいらっしゃると思いますが、これは、血管が詰まる場所により、このように分類されています。

 

この、想像しただけでも恐ろしい状態を回避すべく、メチルアリルジスルフィドが作用し、それらの症状を抑制します。

 

メチルアリルジスルフィドに期待できる効果

 

血液の凝固を防ぐ効果があり、心筋梗塞や脳卒中など、血栓症の防止に役立ちます。

 

血小板の凝集を抑制し、血液の流れをスムーズに促します。

 

またメチルアリルジスルフィドはにんにくの独特の匂いの素となる匂い成分にも豊富に含まれていると言われています。

 

 

 

にんにくが手軽に取れるサプリの選び方はこちら!