ベータカロチンの特徴

ベータカロチンは、抗酸化ビタミンの一種であり、色素の一種で、体内に取り入れることでビタミンAに変化する前駆体のプロビタミンAで、ビタミンAは動物性色にに多く含まれる一方で、ベータカロチンは、緑黄色野菜、改装に多く含まれているビタミンです。

 

プロビタミンとは、科学的に変化する天然物質のことです。(プロ=前という意味)

 

ベータカロチンは、ビタミンAが適切な量が体内に入った場合は、変化することなく肝臓や脂肪組織に溜まっていき、徐々にビタミンAに変化していくので、害はない一方で、過剰摂取してしまうと、肝臓に届くまでの間に、それ以外の臓器に悪影響を及ぼします。

 

ベータカロチンは、抗酸化作用に優れています。

 

体内に酵素が取り込まれると、悪玉酵素に変化し、いろいろな病気だけでなく、身体を老化させてしまいますが、これらの症状から守ってくれるのが、ベータカロチンです。

 

このベータカロチンは、そのまま摂るよりも、油と一緒に摂るとより効果的です。

 

ベータカロチンが油に溶け出しますので、野菜を摂取する際は、油分のあるドレッシングをかけると理想的です。

 

ダイエット中だからと、野菜中心でノンオイルドレッシングをかけて食べる人も多くいらっしゃると思いますが、この場合、お肌の保湿にも役立ちますので、完全にオイルカットしてしまうのではなく、少量でもオイルの入ったドレッシングを使うといいでしょう。

 

ベータカロチンに期待できる効果

 

若さを保つ
抗酸化作用で、身体が老化するのを防ぎます。
これは、美容の面だけでなく、老化を抑制することで、年齢とともに巻き起こる様々な疾患を予防することにもつながります。

 

血中の脂質を正常化する
悪玉コレステロールを減らす効果があるので、動脈硬化や心筋梗塞の予防に役立ちます。

 

プロビタミンA
体内でビタミンAが不足してしまっている状態の時、ベータカロチンが必要な分だけ変化します。
私たちのお肌をきれいに保つだけでなく、目の健康にも効果的で、すべてのビタミンAの効果を持っている成分です。

 

 

 

ベータカロテンやビタミンCなど、健康に欠かせない成分が豊富なにんにくサプリを試してみませんか?