S-アリルシステインの特徴

S-アリルステインは、とても強力な抗酸化作用を持ち、高血圧の改善、ボケ予防、ガン予防、動脈硬化の予防、心臓疾患の予防など、いろいろな症状の改善に有効的であるといわれています。

 

にんにくが持つ有効物質でありながら、特にこれらの症状に効果的であり、世界中で注目されている成分です。

 

カットしたにんにくをアルコール水溶液に長時間浸し、熟成させた抽出液に多く含まれる成分です。

 

S-アリルステインは、水溶性なので、腸から吸収されやすく、血液と共に身体の中を巡り速やかに排出され、血管内では、活性酸素と悪玉コレステロールの結合を防止する嬉しい働きもあり、また、過剰摂取の心配もありません。

 

神経細胞は、自分の中に情報を伝達すると、また次の神経に情報を伝達していく役割がありますが、S-アリルシステインは、この神経細胞の寿命を延ばすという、他の成分が持たない特性があります。

 

このように、様々な症状に有効的であるといわれており、S-アリルステインは薬理効果が大変高く、今では世界中で注目され研究されている成分です。

 

S-アリルシステインに期待できる効果

 

悪玉コレステロールを激減させ、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

 

また、身体が酸化していくのを抑制し、酸化してしまったLDLコレステロールから、動脈の内壁を守り、動脈硬化を予防して血栓が出来るのを予防します。

 

老化が影響する脳の萎縮を抑制する働きがあるので、学習能力の向上にも効果的です。

 

日常生活において受けたストレスからくる緊張を緩和し、新陳代謝が上昇するため、身体が温まります。

 

  • 悪玉コレステロール激減
  • 血液をサラサラ
  • 抗酸化
  • 血栓が出来るのを予防
  • 脳の学習能力向上
  • 新陳代謝が上昇し体を温める

 

 

S-アリルステインを効果的に取れる
「にんにくサプリの選び方」はこちら!