アリシンの特徴

「アリシン」とは、にんにくやたまねぎに含まれている成分で、硫化アリルの一種です。

 

アリシンは、にんにくやたまねぎが持つ独特の匂いや辛味の元となる成分であり摂取すると健康維持に役立つとされています。

 

アリシンは半減期(成分が劣化するのに必要な時間)が短いため、新鮮であればあるほど独特な匂いを発します。

 

ビタミンB1と一緒に摂ると相性が良いことが知られているので、ビタミンB1を多く含む豚肉、うなぎ等と一緒に摂取するのがおすすめです。

 

そんなアリシンですが、弱点もあります。

 

アリシンは、水に溶けやすい成分で、加熱すると成分が消えてしまいます。出来れば生で食べて身体に摂りいれるのが一番良いといえます。刻んだにんにくをフライパンの油につけるのをよく目にしますが、これはアリシンを低温で加熱することで「アホエン」という油に溶けやすい成分に変わる性質を利用したものです。

 

アリシン関する研究資料

 

アメリカ合衆国の国立衛生研究所の国立医学図書館から引用

 

にんにく、アリシンなどは世界的に広く研究され学術的な情報もかなりあります。

 

参考

 

アリシンの働き
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10594976

 

アリシンの化学および生物学的特性
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25153873

 

ニンニクの潜在的な働きについて
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4103721/

 

 

 

にんにくサプリを選ぶポイント!